ニュージーランドの美辞麗句~IELTS、英語、美と健康ライフのあれこれ~

ニュージーランドの日々雑記。IELTSスコア・6.5ポイントを目標にしつつ、健康ライフを謳歌中。日々の出来事、旅の思い出など、あれこれ綴ります。


夏風邪をひいた。


だらだらと微熱が続いて、下がったと思ったらまた上がり・・・と、

不安な気持ちにさせられた数日。

夏の風邪は、冬にひくのとは違って、

例えば微熱程度なら、お風呂には入った方がいいとか、

対処法が少々異なるらしい。


イギリスにいるとき、やっぱり風邪をひいた。

慣れない土地での疲れがあったと思う。

薬も用意していたので、特に不安には思わなかったけれど、

イギリス人の風邪対処法には、かなり驚かされた。


私としては、風邪をひいたら、

栄養のあるものを食べて、睡眠をとって、

ゆっくり部屋で過ごす。

もともと、熱があっても食欲はあるタイプでもある。


だが、

イギリスで過ごしたホストマザーは、

部屋でじっとしているのはよくない、と言うのだ。

太陽の光をあびて、少し動いた方がいい、と。

さらに、

体調がわるいときは、食べない方がいい、とも。


なんてこった!!

と、このときばかりは、心底イギリス人が嫌いになった。



こちらは風邪でしんどくって、ベッドで横になっているのに、

部屋から出ろ、でも食べるな、と言うのだ。

事実、お昼に出されたのは、粉末タイプのインスタント・スープだけだったし。



だが、

この話を、ニュージーランドに住む日本人に話したところ、

「そうなのよねえ・・・」

と共感されてしまった。


彼女の夫は、キウイである。

その夫の母親もニュージーランダーだが、

彼女もまた、風邪のときは日光浴にひたすら励むらしい。

そして、これを飲むといいわよ、

と教えてもらったのは、ニンニクエキス入りのサプリメントだった。


もともと、

ニュージーランド人はあまり薬に頼らない。

医療費の問題もあるのかもしれないが、

日本人のようにむやみやたらに薬を飲んだりしない。

イギリス人然りである。


だから、上記のサプリとか、ハーブとかがけっこう発達していたりする。


それはさておき、

今回の夏風邪で、症状や治し方をネットで調べていたら、

意外にも、「食べない」「薬にたよらない」「適度に動く」というのは、

それなりの根拠と実績があるらしい。

本当のところ、風邪を治す薬というのは存在しないともいうし。



NZ人や英国人の方法は、案外理にかなっているのかもしれない・・・




オークランドで食べたフィッシュ&チップスが、

本場のイギリスより美味しかった話は以前したが、

そのうちの一つのお店、

「パーネル地区」にあるバラ園近くにあったお店では、

ご主人が中国人だった。



その店の近くには、インド人の営む小さなコンビニのような雑貨屋さんがあって、

飲み物やアイスや日用品を売っていたと思う。

この辺りは、なかなか閑静な住宅街で、

マオリとキリスト教が融合したステンドグラスの絵が美しい教会があったりもした。


この教会では、よくイベントが催されるようで、

あるときは、私立の小学校の合唱だかなんだかの会があり、

夕方5時くらいから、

ママやパパに連れられた児童がたくさん集まってくるのを見たことがある。

学校の制服だろうか、パリッとしたブレザー姿で、

パパママたちも、パリッとした恰好をしていたのが印象的だった。


そんな人たちが集う地区なのではないかと思われる、

お上品な地域のパーネル。

その一画でフィッシュ&チップスの店を営む中国人のおじさん。


この組み合わせ、ちょっと妙といえば妙である。


ニュージーランドは移民の国なので、

さまざまな人種のるつぼではあるけれど、

やっぱりここはイギリス系の国でもあるので、

階級社会でもある、と見受けられる。

実際に、キウイの人からそんな言葉も聞いたし。



それはさておき、

そのお店では、新鮮な魚、貝類など色々とメニューに取り揃えていて、

あれやこれやを選んで調理してもらえるようだった。

魚や貝の種類についての図表が壁に貼ってあったりして、

それを見ているだけでも面白かった。


何にするか迷った。

フィッシュの種類も色々あって、フライにしてくれるのはもちろんだけど、

バーガーにもしてもらえるみたいで、

それを頼むことにした。


待つこと5分だったか10分だったか。

まだ宵に早い時間帯だったけど、

ちらほらお客さんは途切れずやってくる。

車で買い付けにくる白人客もいた。


待っている間に、ふと、戸口に貼ってある紙に気が付いた。

読んでみると、

近く、お店を休みます、という告知だった。

何日から何日まで、と、日付けが書いてある。

そして、

その理由として、

「親族の集まりがあるから休みます」、

ということが書いてあった。


へえええええ。

さすが家族を大事にする中国人というべきか。

日本のお店では、まず、こういったことを理由には書かないのでは、と思う。


不愛想なおじさんだったけど、

このチラシを見て、好感度がぐぐぐぐんとアップした。


肝心のフィッシュだが、新鮮でとても美味!

堪能いたしました・・・





英語で質問されたとき、とっさの一言が出てこない、

あとから考えたら、この単語しってたのに!!!

と、いうことってよくある。


ずいぶん以前のことになるが、

エチオピア料理で、スタッフが英語しか話せない、

というお店に行ったことがあった。

もちろん日本で。

そのとき、

デザートを頼む際だったか、

「他の種類もありますか?」

と聞きたいのに、「種類」の単語が出てこなくて困った。

友人と、ああだこうだと言いながら、

結局、お店の人が察してくれて、

kind だと分かった。


そうだった!と思っても、後の祭り。

こんな簡単な単語さえ出てこないとは、と恥ずかしかった。


ただ、恥ずかしい思いをすると、

その後は決して忘れないという利点はある。

語学は、恥をかきながら覚えていくものともいえるし。


ところで、

フィリピン人の先生のスカイプレッスンを受けて半年になる。

発音の問題があるので、賛否両論の勉強法だけど、

少なくとも話す度胸をつけるのには有効だと思う。

今日、

使っているテキストの質問に沿って、こんなのがあった。


Do you think sport can strengthen the friendship between different countries?


「スポーツは異国間の親交を強めることができると、あなたは思いますか?」

という意味だけれど、

これにイエス~、と答えたところ、

なぜそう思うの?とたずねられた。


先生によっては、こんなふうに、合間に何かしら聞いてきてくれる人がいる。

勉強の一環でもあり、興味や好奇心もあるのかもしれない。

そこから、雑談の花が咲くこともある。


ここで、私は、つまってしまった。

労働組合は有効と思うか、とか、新聞は嘘をつかないと思うか、とか、

そんな話題で、なぜそう思うの?と聞かれたら、

多少のユーモアも交えてそれなりに答えられるのに、

半分わかりきっているような簡単な質問に答えることって、

案外むずかしかったりする。

質問の単語をそのまま繰り返してもちょっとなあ、と思うと、

余計こんがらがってくる。

たとえば、

チームワークを育めるから、とか、

仲間意識が芽生えるから、とか言いたいのだけれど、

このときは、

フレンドシップ以外の単語が出て来なくてこまった。

あとから考えると、

シンパシーとか、日本語にもなってる言葉がある!と思うのだけど、

やっぱり、フレンドがどう、としか言えなかった・・・


会話って、言語によらず、人と人のキャッチボールだけど、

予測してる方向だけに球が飛んでくるとは限らない。

それを補うには、やはりボキャブラリーが大事だとしみじみ思う。












↑このページのトップヘ