今宵11月3日は、ガイ・フォークス・ナイトである。



先週の土曜の夜から、なんだかポンポン音がする・・・と思ったら、

この「ガイ・フォークス」のせいだと判明した。


イギリスの行事であるこのお祭り、ニュージーランドでも伝統行事として催されていて、

この日に近い週末の夜から、すでに花火があちこちで上がっていたりする。



日本ではなじみの薄い「ガイ・フォークス」なる人物とは誰かというと、

1605年に、イングランドの国会を爆破しようとした、

火薬陰謀「未遂」事件の実行犯の一人の名前で、

Guy の語源は、彼の名前から来ているのだとかいないとか。


敬虔なカトリック信者だったガイ・フォークスが、

当時、弾圧を受けていたカトリックの仲間と共に、

国会議事堂のウエストミンスター宮殿を爆破して、国王を暗殺しようとしたものの、

結局は密告によって事前に逮捕され処刑されてしまった、という史実がある。

無事に、テロ回避できたことを喜ぶお祭り、という意味があるらしいけれど、

この話を聞いたとき、

ガイ・フォークスを悼んで、祀り上げるためなのかな・・・

と思ってしまったのは、日本人的すぎる考え方だろうか。


実際、スコットランドでは、ガイ・フォークスは、

自由獲得のために戦った「英雄」とされているようなので、

見方によって歴史は変わるという、良い例なのかもしれない。



なにはともあれ、ニュージーランドでは、

この日は、「花火」を楽しむ日のようだ。


花火大会が催されることもあるらしいけれど、

個人のお家や、公園、水辺など、あちこちで、一般の人々が思い思いに楽しんでいる。


私も、家の窓から大きな花火が見えたとき、

思わず「た~まや~!」と叫んでしまった。


NZ人に、日本人は花火を見るとこう叫ぶ習慣がある、というと、

COOL!!

と言ってくれた。

本当に、キウイって、フレンドリーだけど礼儀正しいというか、

本心はどうかわかんないけれど・・・というところも日本人に似ていて、親近感を覚える、

というか、ホッとする。

実際に、日本人に同じ反応されると、やれやれ・・・と思ったりするのだけれど。



それにしても、

やっぱり花火はどこで見てもきれいだな。