ニュージーランドから発信中!!~英語、IELTSと健康ライフのthis and that~

ニュージーランド移住を目指しています。まずは英語!と、IELTSスコア・6.5ポイントを目標にしつつ、学生生活謳歌中。ニュージーランドでの生活、旅の思い出など、あれこれ綴ります。

カテゴリ: ニュージーライフ

2017年、4月、ニュージーランドは秋から冬へ向かう季節。

今年の桜はきれいだったんだろうか、と、日本から送ってもらった写真を見ながら、
ちょっとばかり、昨年のニュージーの春を振り返ってみますね。

思えば、昨年はひどい虫刺されにはじまって、ドクター通いがはじまり、
なんやかやと体に不具合が出て、歯医者にも通いつつ、
車のドアに指をつめたりと、本当にいろいろありました。

極めつけは、8月に、顔にひどい「湿疹」が出たこと。

別人のようにはれあがって、その後はかさぶたもできて、
いわゆるアトピーになってしまいました。

もともと、アレルギーのケはあったものの、
ここまでひどいことになったのは初めてで、
鏡を見ると、驚きを通り越して、笑ってしまいそうになりましたよ。
いや、実際、笑いましたね。。

お医者さんもびっくりしてるし、そもそも、アトピーになるときって、
こんなふうに急性盲腸炎みたいに、とつぜん火がつくようにできるものなのか??
ネットなどで調べてみてもよくわからなかったのも事実。

そして、アトピーには、カビからくるものもあるという説も発見したり、
いろいろと知識が増えました。

とはいえ、
とにかく、治ってほしい一心で、リサーチは山ほどしてみたのだけれど、
どうにもこうにも、いろんな人がいろんな事を言っているので、
どれが自分に合うかも分からないまま、
ひとつ、これはと気付いたものもありました。

そう、私が取った方法は・・・



「なにもしない」



・・・これでした。


洗顔だけは、1日に何度もする。
でも、かさかさになろうが、なんだろうが、
とにかく「なにもしない」「何もつけない」、

そう、

何もつけない!!!!



これですね。


まわりもすごく心配してくれて、
実際に似たような体験をしたひともいて、
これがいい、いやあれがいい、こうした方が、と
本当に色々とアドバイスしてくれました。

ほんと、ひどい顔でしたからね。。。そのうえ、かゆいし、痛いし。

ひとのよいオークランダーは放っておけなかったんでしょうね。

でも、そのアドバイスを有難く聞いてはいたものの、
そして、薬以外で、すすめられた食べるものや飲むものは試してみましたが、
顔に塗るものや、薬のたぐいは一切、とることをしませんでした。


なぜか?


それは、
それまでの半年、前述のとおり、私はすでに抗生物質やら抗ヒスタミン剤やらなにやら、
とにかくいろいろ投薬されていたんです。
でもって、
ここ数年、風邪をひきやすく、ひくと長引く、ということが続いてもいました。
そのたびに、日本からもってきた漢方系の薬をのんだり、
頭痛のときは頭痛薬も飲んでました。


なんだか、これらの薬に対するアレルギーが、いっきに出たのではないか??
という気がしたんですよね。


実際、アトピーだったとして、
こんなふうに急性なんとか炎のように、いっきにぶわあああっと症状が出るのは、なんだかおかしい。
そうも感じてました。


さらに、
ネットサーフィンで見つけたのが、さきほど言った、
何もしないことがアトピーの特効薬、というものだったんです。


なんだかひどく惹きつけられました。


そして、何もしないで、洗顔と、栄養のあるものを食べる、睡眠をとる、
などの体のメンテナンスを重点的におこなった結果、
3週間ほどで、顔のはれは引いたのです!!!

かさぶたも、一度だけではなく、2、3度はがれたと思います。

でも、
とにかく、洗顔。
かさかさするところに何かつけたくなるのを我慢して、何もしない。


ずっと、何もしなかったんです!


3週間、4週間、と日が過ぎて、
少しずつ症状がおさまってきて、
たしか1か月半くらい、ちょうど桜の花の咲く頃だったでしょうか。

やっと、
なんとか、
ひいてくれたのでした。。。感謝!!!


ここだけのハナシ、
何もしないでこんなに早くひくなんて、
スタップ細胞はあるかもしれない!と実感しましたね・・・


その後も、しばらくは化粧はひかえて、
洗顔をまめにして、シャワーをあびた後や、寝る前にも、オイルとか一切つけない。
何もつけない、をしばらく続けました。

日本よりも乾燥しがちなニュージーの夜だけど、
それもぐっと我慢。

今もまだ、たまに部分的に顔にかゆみを感じることはあるけれど、
ぱっと見たところはあまり分からないし、
パウダーくらいのファンデは軽く塗ることもできるようになりました。
ただ、リキッドはまだ使えてないです。

そうはいっても、
あのひどい状態から、数か月でほぼ元に戻れたのは有難いこと!

何もしない、というのは、
結局、自分の体の免疫力をひたすら信じたことだったような気がしてます。


水も空気もきれいなはずのこの国で、
思いがけないアレルギーになってみて、
体のこと、その不思議、ありがたさ、心と体の声を、しみじみ思いやった日々でした。



それはそうと。

顔がはれたとき、鏡をみて、実のところ、




ちょっとかわいいな。




と思ったんですよね・・・だって、はれてるわけだから、しわがなくなって、
ある意味ハリが出て、若返る感じだったんですよ。
色は赤いからイヤだけど。


でもって、
治ったいま、
かさぶたの脱皮後、
あんなに何度も皮がむけたのに、

しっかり、シミも小じわもそばかすも、

元のまんまによみがえってました・・・あーあ。












突然にアトピーのごとき湿疹が顔に出た件について。

ネット検索すると、山のようにアトピー情報があふれているようで
そのうちのいくつかをのぞいてみた。

見ているうちに今さらながら気づいたことは、
アトピー産業というものが確かに存在するということだ。

でも、善意で公開されているものも多いはずで、
そのなかの一つに、
アトピーになった理由をあれこれ考えないようにした方がいい、というアドバイスがあった。

ごもっとも。

考え出すときりがないし、かんがえて分かることでもない。

そして、

もう一つこれはと思ったのは、



何もしない。



という方法。

いや、これはこれで難しいのだ。


人間、ことが起これば、何かしてしまうものだし、
性格にもよるけれど、

がんばってしまう、

というのはアトピーにはよくないのかもしれない。



何もしないというのは、薬漬けになったり過度な食事制限をしたりしないということなのだけれど、

そのかわりにすべきことというのがあるようだ。

それは、

自分を見つめること。

アトピーに関係なく、
今の自分は本当にやりたいことをやっているのか、
やりたいことから逃げているのではないか、
そもそも本当にやりたいことなんてあったのか、などなど、

そういったちょっと面倒くさい自分自身のひっかかりにきちんと向き合うということらしい。


これは、そう、そうかもしれない。


ニュージーランドという、自然豊かな国で、
こんな洗礼を受けるのは、私のなかで、何かが違うと言っているからなのかもしれない。

それは何だろう。


この国に住みたい気持ちは変わらない。

けれど、何か小さなこと、生活のなかでの本当に小さなことの違和感が、
つもり積もっているのかもしれない。

そうでないかもしれない。

そんなことではないかもしれないけれど。



さて、現在の症状は、顔の赤みと、今朝からはほっぺたが腫れてきている。

ただ、皮膚の状態は、それほど悪くはない気がする。

人相は別人だけど。


もともと、アトピー気質というか、アレルギー体質ではあった。

子供のころから二十歳まで、毎年夏になると手のひらと足の裏に水泡ができて、
かゆくなってむけて、今度はあかぎれのように痛くなる。

これは遺伝もあるようで、
祖母が、二十歳になったら治るよ、と言ってくれてたら、

本当に二十歳すぎて治ってしまった。ありがたい。

ところが、

ニュージーランド生活も2年目近くになる今日この頃、アトピーらしき湿疹が顔にできてしまった。

なぜだ!!!

空気も水もきれいなはずのニュージーでこんな目に遭おうとは。。


ドクターいわく、アトピーの最大の原因は、「ストレス」らしい。

す、ストレスですか??
今の私に大したストレスはないはずなのだが・・・

フラットメイトの騒音も多少解決したし、学校も一段落ついてきて卒業間近だし、
新しい仕事探しの焦りは多少あるけれど、たぶん何とかなると確信している。

なのに、なぜ??


アトピーが出る前に、口唇ヘルペスが出た。
初めてにもかかわらず、熱も何もでなかったので、
過去になにかでうつっていて、
それが今になって何かの要因から症状として出たのだろうと納得していた。

でも、アトピーは解せない。

口唇ヘルペスの、薬に頼りすぎない改善法もみつけて実行中。
それはまた後日に。

でも、でも、アトピーは??

実はまだ検査結果待ちなので、断言はできないけれど、

診察が終わって、とぼとぼと薬局に向かい、とりあえずの処方箋を出した。

受け取った薬は、かゆみどめの抗ヒスタミン剤だけだと思っていたら、
抗生物質が入っていたので、これは副作用がきついから飲みたくない旨を告げる。

キウイの薬局店員さん、ちょっと困って、ドクターには言ったの?と聞く。
いえ、でも、以前にそのことでも診察を受けていて。
今からもう一度聞いてきた方がいいでしょうか?

そうね、でも・・・

と、私の症状を詳しく聞いたうえで、

それなら、こちらで対処法があるかもしれないわ。

と、棚から別のサプリメントを取り出してきてくれた。

薬を待っているあいだ、私は口唇ヘルペスに効くサプリもオーダーしていたのだ。


そのサプリは、イーストの一種で、抗生物質と一緒にとることで体内に必要な菌をグローイングアップしてくれるという。
善玉菌の育成剤のようなものか。

そして、ていねいに説明してくれたあと、

紙に書いた方がいいかしら?と上品な口調で言ってくれたので、お願いした。

レシートのあまり紙に、サプリの名前と飲み方を書いてくれる。
こんな感じ。

サプリ1は、初めの二日は1カプセルを日に2回。
その後は、2カプセルを日に2回、飲み切ること。
それが終わったら、
サプリ2を、1カプセル日に1回。

英語で書くとこうだ。

1、start for 2days: 1cap twice per day
then 2caps twice per day
with bottle is finished
2、1cap once per day

サプリの名前も親切に全部書いてくれたけど、ここでは記さない。

気のいいフレンドリーさの反対に、
なんにつけていい加減で無責任なキウイ体質にうんざりしていた近頃の私にとって、
この薬剤師の女性の細やかな対応は、

感動ものだった!!


何かあればいつでもこの薬局に問い合わせてね、と、
帰りがけに声かけてくれた。

私の顔があまりに痛々しかったからだろうか・・・

ニュージーで、アトピーを治そうと、心に決めて、
またこのブログに向かっている。


今宵11月3日は、ガイ・フォークス・ナイトである。



先週の土曜の夜から、なんだかポンポン音がする・・・と思ったら、

この「ガイ・フォークス」のせいだと判明した。


イギリスの行事であるこのお祭り、ニュージーランドでも伝統行事として催されていて、

この日に近い週末の夜から、すでに花火があちこちで上がっていたりする。



日本ではなじみの薄い「ガイ・フォークス」なる人物とは誰かというと、

1605年に、イングランドの国会を爆破しようとした、

火薬陰謀「未遂」事件の実行犯の一人の名前で、

Guy の語源は、彼の名前から来ているのだとかいないとか。


敬虔なカトリック信者だったガイ・フォークスが、

当時、弾圧を受けていたカトリックの仲間と共に、

国会議事堂のウエストミンスター宮殿を爆破して、国王を暗殺しようとしたものの、

結局は密告によって事前に逮捕され処刑されてしまった、という史実がある。

無事に、テロ回避できたことを喜ぶお祭り、という意味があるらしいけれど、

この話を聞いたとき、

ガイ・フォークスを悼んで、祀り上げるためなのかな・・・

と思ってしまったのは、日本人的すぎる考え方だろうか。


実際、スコットランドでは、ガイ・フォークスは、

自由獲得のために戦った「英雄」とされているようなので、

見方によって歴史は変わるという、良い例なのかもしれない。



なにはともあれ、ニュージーランドでは、

この日は、「花火」を楽しむ日のようだ。


花火大会が催されることもあるらしいけれど、

個人のお家や、公園、水辺など、あちこちで、一般の人々が思い思いに楽しんでいる。


私も、家の窓から大きな花火が見えたとき、

思わず「た~まや~!」と叫んでしまった。


NZ人に、日本人は花火を見るとこう叫ぶ習慣がある、というと、

COOL!!

と言ってくれた。

本当に、キウイって、フレンドリーだけど礼儀正しいというか、

本心はどうかわかんないけれど・・・というところも日本人に似ていて、親近感を覚える、

というか、ホッとする。

実際に、日本人に同じ反応されると、やれやれ・・・と思ったりするのだけれど。



それにしても、

やっぱり花火はどこで見てもきれいだな。







ビザ申請のために出かけた健診の話、その2である。



このメディカルセンター、移民申請専用のようで、

働いているスタッフも韓国人を中心としたアジア人ばかりだった。



なかでも強烈な印象だったのが、部屋に案内してくれた。韓国人の「おばちゃん」だ。

カラフルなブラウスに、パンチパーマばりの強めのカールヘア、

O脚でどしどしと歩くパワフルな体型、赤い口紅とメガネの縁の濃さ、

単語のみをくりかえすカタコト英語、でも、なんとなく、あったかい感じもするおばちゃんのキャラクターは、

世界共通なのだろうか。

検尿用の容器を手渡してくれた腕の、ふんわりとした肉付きのよさに、

なぜだか、安心してしまった。

だが、

この恰好のまま、いきなり採血を始めたのには驚いた!

そう、白衣を着ない、看護師さんだったのだ。


おばちゃん、靴も服も、ほんとに普段着なんですけど・・・


ちなみに、ちゃんと消毒してから針をさすのか気になって、

採血の一部始終をじいっと見つめてしまった。



さて、採血のあとは、胸のレントゲン撮影と問診、検尿の提出。

X線のレントゲン医師は、ナイスバディの若いインド人女性で、

彼女も白衣なし。

問診もアジア人の女医さんで、タイかベトナムか、ちょっと分からなかったけれど、

やさしそうな先生だった。


ところで、

検尿をするのに、おばちゃん看護師さんが、男性トイレは教えてくれたのだが、

女性用は別のとこにあるから後でね、と言いながら、

いつまでたっても教えてくれる気配がない。

多分わすれてるんだろーなーと、思いながら、待合室でしばし観察。

レセプションに、他のスタッフと共に座っているおばちゃん看護師さんは、

受診者のカルテをチェックしたりしてる。

で、さすがにこれ以上は。。。というところで、たずねにいく。

すると、

まるで初めて質問されたように、トイレはあっちのエレベーターの後ろにあるから、

と、教えてくれた。

あとで教えるって言ったじゃない!!なんて言うことは通用しないのがNZだろうか・・・



実は、このおばちゃんのせいでは全くないのだけれど、

なんと、私のバースデーが間違えてカルテに記入されていたのだ!!


そういえば、採血するときに、「マーチ、」とおばちゃんが言っていたので、

なんで3月なんて言うんだろう、といぶかりながら、自分の誕生月を言い直した。


そして、この間違いのせいで、

なんとなんと、私はもう一度、採血されるはめになったのだ!!!



おそらく、パスポートをみながら、日本人スタッフの方が代わりに記入してくれていたのだけれど、

そのときにミスしたんだと思う。

でもって、そのミスを見つけたのは、



私自身である!!!



・・・まあ、いいんだけどね。

これがニュージーランド、自分をしっかり持ってないと、何が起こるか分からない。

ここで見つけてなかったら、

移民局から、再検査を言われてた可能性もあり。

そうすると、予定が大幅にずれ込んでいたかも・・・


本当にイージーゴーイング、だけど、きっちりしてるところはキッチリしているのも本当。



翌日に出た検査結果では、

血糖値がわずか1オーバー・・・前日に食べてしまったアイスクリームのせいだろうか。

ここはキッチリしないでぜひ受け取ってほしい!!




↑このページのトップヘ