ニュージーランドの美辞麗句~IELTS、英語、美と健康ライフのあれこれ~

ニュージーランドの日々雑記。IELTSスコア・6.5ポイントを目標にしつつ、健康ライフを謳歌中。日々の出来事、旅の思い出など、あれこれ綴ります。

カテゴリ: ニュージーライフ


オークランドでステイ中なのだが、長期滞在のためにビザを申請することになった。

ついては、

健康診断の結果を移民局に提出しないといけないということで、

とある検診センターへ行ってきた。


日本語対応もしてもらえるところを教えてもらい、予約してゴー。

電話予約も日本語オッケー。


で、教えられた場所に行ってみると、

同じく検診を受けにきた人たちのほかに、

でっぷり太ったアジア人の男性がうろうろ歩いていて、私を見ると、

じゃぱにーず?と聞いてきた。

室内のスタッフに声かけると、背の高いひょろっとした男性が出てきて、

申込書の書き方を、早口の日本語で教えてもらう。


この人、確かに日本人だと思うのだけど、韓国人スタッフとも違和感なくしゃべっていたので、

ハングルも堪能なようだった。

でも。

日本語では、必要なこと以外、一切話しません、という感じ。

そこがなんとも調子がくるうというか、心地わるかったのだけど、

いわゆるコミュニケーションはしない方がいいのね、

とこちらも理解して、

無駄なおしゃべりはしないことにした。




ニュージーランドのイージーゴーイングな国民性はよく知られていることだし、

日本ほどのサービスは、もちろん日本でだけのものだ。

オークランドでも、例えばお店の内装を業者に頼んだとして、

それが期日通り出来上がるかというと、どうもそれはあやしい、というウワサだ。

いや、噂ではなく、よく聞く話。

事実、私も、日本人がやっているお店に入って、店員さんから聞いたことがある。

NZに限ったことではないけれど、

外国から日本へ帰ってくると、

日本の過剰サービスぶりに違和感を感じた・・・という人は結構多いと思う。


そうではあるのだけれど。

このセンターで出会った日本人は、一切の感情が見えない雰囲気で、

かといって、感じが悪い、というのでもなく、

ロボットみたいな無表情、というのともちょっと違って、

なんというか、

村上春樹さんの小説に出てくる登場人物のような雰囲気・・・・・・!!??

というのがピッタリな気がした。



さて、待合のイスには私のほかに、インド人の男性一人と、韓国人の男性、

それと中国か韓国のファミリー。

すごくきれいなエントランスのビル内だったけれど、

このセンターのあった階はなんというか、日本で例えるなら、

古いタイプの運転免許更新センターの、古いビルの一角、というイメージだ。


待合のイスと書いたが、待合室では決してなく、

ちいさな部屋が3つほど、ドアの開いた状態で見えていて、

その廊下に幾つかのイスが並んでいる、といった光景。


さて、しばらく待ったあと、こっちへ来い、と、先のおっちゃんに案内されてエレベーターで移動。

鉄の扉を開けて、細い廊下を通って、どこへ行くのかと思ったら、

戸外へ出た。

この日、風が強く吹いていて、気温も低く、

いったいどこへ行くんだろう、と訝しんでいると、

車に乗れ、と言われた。


女性は私一人だけだったので、

おっちゃんは、助手席に乗るようにアゴでしめしてくれた。

インド人の男の人は、ジェントルマンのようで、

エレベーターでも、廊下でも、そのあと入ったところでも、

いつもレディーファーストにしてくれたのも印象的。


さて、年代ものの車に乗ると、

後ろの席の男性と、おっちゃんはハングルで話しはじめた。

ここで、おっちゃんは韓国人と判明!

車の中はちょっとニンニクくさくて、窓を少しあけてくれた。



5分とかからないうちに、次のセンターへ到着。

ここで実際の検査を行ってくれるようだった。

さきほどの何屋なのかイメージできない殺風景な屋内とは違い、

こちらのビルは、こざっぱりとした比較的新しいきれいなビルで、ちょっと安心。

おそらく、

この一連の予測不能な体験が、

件の日本人を村上ワールドだと、私にイメージさせた要因でもあるような気がする・・・



さて、車を降りて、案内された部屋には、

やはりでっぷり太った、見るからにパワフルな韓国人のおばちゃんがいた。

オレンジとピンクと赤の混じった、カラフルなブラウスを着ていて、

パンチパーマもどきの強いカールヘア。

真っ赤な口紅で、カタコトの英語を繰り返ししゃべってくれるので、

意味はよく分かった。

おばちゃんは、万国共通、最強の存在だと思う。

気になる続きはまた明日。












夏風邪をひいた。


だらだらと微熱が続いて、下がったと思ったらまた上がり・・・と、

不安な気持ちにさせられた数日。

夏の風邪は、冬にひくのとは違って、

例えば微熱程度なら、お風呂には入った方がいいとか、

対処法が少々異なるらしい。


イギリスにいるとき、やっぱり風邪をひいた。

慣れない土地での疲れがあったと思う。

薬も用意していたので、特に不安には思わなかったけれど、

イギリス人の風邪対処法には、かなり驚かされた。


私としては、風邪をひいたら、

栄養のあるものを食べて、睡眠をとって、

ゆっくり部屋で過ごす。

もともと、熱があっても食欲はあるタイプでもある。


だが、

イギリスで過ごしたホストマザーは、

部屋でじっとしているのはよくない、と言うのだ。

太陽の光をあびて、少し動いた方がいい、と。

さらに、

体調がわるいときは、食べない方がいい、とも。


なんてこった!!

と、このときばかりは、心底イギリス人が嫌いになった。



こちらは風邪でしんどくって、ベッドで横になっているのに、

部屋から出ろ、でも食べるな、と言うのだ。

事実、お昼に出されたのは、粉末タイプのインスタント・スープだけだったし。



だが、

この話を、ニュージーランドに住む日本人に話したところ、

「そうなのよねえ・・・」

と共感されてしまった。


彼女の夫は、キウイである。

その夫の母親もニュージーランダーだが、

彼女もまた、風邪のときは日光浴にひたすら励むらしい。

そして、これを飲むといいわよ、

と教えてもらったのは、ニンニクエキス入りのサプリメントだった。


もともと、

ニュージーランド人はあまり薬に頼らない。

医療費の問題もあるのかもしれないが、

日本人のようにむやみやたらに薬を飲んだりしない。

イギリス人然りである。


だから、上記のサプリとか、ハーブとかがけっこう発達していたりする。


それはさておき、

今回の夏風邪で、症状や治し方をネットで調べていたら、

意外にも、「食べない」「薬にたよらない」「適度に動く」というのは、

それなりの根拠と実績があるらしい。

本当のところ、風邪を治す薬というのは存在しないともいうし。



NZ人や英国人の方法は、案外理にかなっているのかもしれない・・・




オークランドで食べたフィッシュ&チップスが、

本場のイギリスより美味しかった話は以前したが、

そのうちの一つのお店、

「パーネル地区」にあるバラ園近くにあったお店では、

ご主人が中国人だった。



その店の近くには、インド人の営む小さなコンビニのような雑貨屋さんがあって、

飲み物やアイスや日用品を売っていたと思う。

この辺りは、なかなか閑静な住宅街で、

マオリとキリスト教が融合したステンドグラスの絵が美しい教会があったりもした。


この教会では、よくイベントが催されるようで、

あるときは、私立の小学校の合唱だかなんだかの会があり、

夕方5時くらいから、

ママやパパに連れられた児童がたくさん集まってくるのを見たことがある。

学校の制服だろうか、パリッとしたブレザー姿で、

パパママたちも、パリッとした恰好をしていたのが印象的だった。


そんな人たちが集う地区なのではないかと思われる、

お上品な地域のパーネル。

その一画でフィッシュ&チップスの店を営む中国人のおじさん。


この組み合わせ、ちょっと妙といえば妙である。


ニュージーランドは移民の国なので、

さまざまな人種のるつぼではあるけれど、

やっぱりここはイギリス系の国でもあるので、

階級社会でもある、と見受けられる。

実際に、キウイの人からそんな言葉も聞いたし。



それはさておき、

そのお店では、新鮮な魚、貝類など色々とメニューに取り揃えていて、

あれやこれやを選んで調理してもらえるようだった。

魚や貝の種類についての図表が壁に貼ってあったりして、

それを見ているだけでも面白かった。


何にするか迷った。

フィッシュの種類も色々あって、フライにしてくれるのはもちろんだけど、

バーガーにもしてもらえるみたいで、

それを頼むことにした。


待つこと5分だったか10分だったか。

まだ宵に早い時間帯だったけど、

ちらほらお客さんは途切れずやってくる。

車で買い付けにくる白人客もいた。


待っている間に、ふと、戸口に貼ってある紙に気が付いた。

読んでみると、

近く、お店を休みます、という告知だった。

何日から何日まで、と、日付けが書いてある。

そして、

その理由として、

「親族の集まりがあるから休みます」、

ということが書いてあった。


へえええええ。

さすが家族を大事にする中国人というべきか。

日本のお店では、まず、こういったことを理由には書かないのでは、と思う。


不愛想なおじさんだったけど、

このチラシを見て、好感度がぐぐぐぐんとアップした。


肝心のフィッシュだが、新鮮でとても美味!

堪能いたしました・・・





ニュージーランドの各都市内では、バスをよく利用した。

オークランド、ウエリントン、ネルソン、クイーンズタウンと、

どの都市にも市内バスが発達していて、移動に便利。


オークランドでは、3つのエリアを循環していて、

そのラインを把握すれば、あちこち好きに動くことができる。

ウエリントンは、比較的小さな町で、歩いてみてまわることも可能。

郊外に出るバスほか、市内のバスももちろんあるけど。

ロトルアも、郊外の間欠泉やマオリ村に行く以外なら、歩きでも十分だった。

ネルソンは、少し離れたところに美術館があったりしたが、

中心地は徒歩でも十分。ただし、広範囲のギャラリーめぐりやワイナリーに行くなら、

車がどうあっても必要になってくる。

クイーンズタウンも、市内周辺はバスが発達していて移動に便利。


ただ、バス停車駅についてのアナウンスはそっけなく、

自分で降りる場所を把握していないといけない。

これがちょっとネック。

観光大国とはいえ、バスの運転手さんは、観光ガイドではないので、

それほど親切、ではない印象。


とはいえ、

ネルソンからロトルアへ移動する飛行機のなかで、

隣に座ったのは、バスの運転手さんだった!

初老の男性で、「ネルソンのバス運転手はどうだったか?」

と聞かれて、思わず、good, と言ってしまった・・・・・・



さて、

市内はそんな感じでバスは便利だけれど、

都市間もバス利用する人は多い。

ただ、移動時間もハンパないので、前回、私は飛行機を利用した。

飛行機だと、30分~2時間くらいまでで都市間を移動できるから、

時間の節約にはなる。

時間に限りのある旅には、飛行機がラクでおすすめ。


そういえば、

インターシティバスを、オークランドからワークワースまで、ネット予約したときのこと。

突然、電話がかかってきて、

あなたの予約はキャンセルされたので、利用希望ならあらためて予約するように、

と言われてビックリした。

ワークワースで滞在した家のご主人は、それを聞いて、

そんなことは聞いたことがない!!抗議すべきだ!!!

と、たいそう怒ってくれたけど、

幸い、別時間で予約し直せたので、

私としては、まあ仕方ないか、NZだし、という気持ちだった。

ちなみに、このご主人はアメリカ人。


そう、色々な人から聞いていたことに、

NZ人のアバウトさがあるけれど、

でも、このときの予約事件は、今でもちょっとナゾである。


ネルソンのワイナリーツアーで回ったのは、

どれも小規模なものだった。

家族で経営しているようなところがほとんどで、

訪れると、小さな販売スペースがあり、

ワインについて説明してくれたり、試飲をサービスしてくれたりした。


ワイン好きだが、アルコールが決して強くない私は、

どこでも、ほんのちょっとだけ!と、お願いしていた。


どのワイナリーのものが美味しいか、なんの種類のブドウが口にあうのか、など、

好みの加減が分かればいいのだ。


あとは、

ブドウ畑を見渡しながら、雰囲気を楽しむこと。

ワイナリーの人とちょっとした会話ができれば、楽しさは倍増!



ガイドのお兄さんが、最後に連れていってくれたところは、

広いブドウ畑の丘陵が見渡せる場所にあった。

どうやら、そこが彼のイチオシらしかった。


テイスティングさせてもらったところ、

私としても、そこの味がピカイチだった!


フレッシュさがニュージーランドワインの魅力だと思うけれど、

ほどよい熟成のまろやかさと、

広大な大地を思わせるスケール感がある気がした。


イギリス人カップルも、キウイカップルも、そこで何本か購入。

まだ旅の続く私はゲットできなかったが、

次はぜひ!!と思っている。



↑このページのトップヘ